タイムレコーダーで勤怠管理もできる

従業員やアルバイトなどのシフト管理は労働時間を自己申告制にするのではなく、タイムレコーダーを使って勤怠管理をすることが一番大事です。


タイムレコーダーで勤怠管理をできる機械は意外に多く、低いコストでも導入できるものはたくさんあります。



データ管理はパソコンで出力ができるので、従業員がどれくらい働いているのかは簡単に一元管理を進めて行けます。

OKWaveの情報を手に入れてみませんか?

もちろん、て入力ではないのでミスが発生することも少なく、勤怠管理について重きをおいている企業にとっては、それに対応したタイムレコーダーを使えば管理がだいぶ楽になります。

タイムレコーダーの勤怠管理の最新情報を掲載しています。

給与計算をする際には必ず必要になるデータなので、ぜひ導入をしましょう。勤怠についての管理機能があるレコーダーはICカード対応や、バーコード読み取り式など様々な種類があります。

このような種類から利用している社員証などに合わせて導入をすればコストを余分に出費せずに機械を導入できるのです。


記録したデータは外部出力さえ行えばデータを社員間で共有でき、シフトの組み方の参考にもなるので、勤怠以外の場所でも役に立ちます。

原始的な紙のカードを挿入するものから、オールデジタル化を行っているレコーダーまで、企業の使い勝手などに一番合わせたものがチョイスできます。


多機能型のタイムレコーダーを購入予定の企業の方は、ぜひ勤怠管理の機能も付いているものを選んでみましょう。

未導入の場合にはその良さが必ず実感できます。