タイムカードを電子化して勤怠管理に役立てる

タイムカードによる勤怠管理をより効率的な物にするためには、蓄積されたデータを自動集計してくれるシステムを備えた機械の導入が必要です。

タブレット型のタイムレコーダーにカードをかざすことにより、月が替わるたびにタイムカードを発行する必要が無くなる事は大幅なコストカットに繋がります。

YOMIURI ONLINE情報がリニューアルしました。

今まではタイムカードの集計の際に、エクセルなどの表計算ソフトを利用する事により手作業で勤務状況を入力する必要がありました。



しかし、タイムカードを電子化する事によって自動で勤怠管理を行う事ができるようになったのです。



今まで紙のタイムカードで勤怠管理を行ってきた会社の場合には、急にデジタル化する事は難しいと感じる場合もあります。

しかし、タブレットの端末にインターネットを接続するだけで設定が完了しますので、利用者はすぐに新しい仕組みに慣れる事ができるようになるのです。


勤怠管理の運用に関しても、通常の打刻が正常に行われている段階であれば、管理者として特別な作業を必要とする事はありません。

修正が必要となった場合に、管理者が管理画面を操作することにより、正しい勤務データへの書き換えを行う事になるのです。

管理者が外出している場合など、会社で労働している社員の勤務状況を身近で確認する事ができない場合であっても、インターネット回線に接続されている事により、外出先からの勤怠管理を行う事ができますので、社員の管理を確実に行う事ができます。