適切な労働時間管理のためのタイムカード

タイムカードは、会社で働く従業員の労働時間を把握するシステムとして必要不可欠な物です。

もしタイムカードが存在しなかった場合には、労働時間があいまいになってしまい、正しい給与の支払いが行われなくなってしまう可能性があります。

従業員の数が少ない職場の場合には、個別に労働時間を会社が管理する事が可能ですが、複数の従業員を雇用している会社の場合には時刻を正確に記録する事のできる仕組み作りが欠かせません。

労働時間には、通常の勤務だけでなく、場合によっては時間外の労働を命じられる場合があります。


そのような場合には、時間外労働や休日労働などの割り増し賃金を会社が払う必要があるのです。

時間外の労働をした証明として、タイムカードは効力を発揮する事になります。


給料の締め日から実際に給与が支払われるまでには時間がかかる会社が多いです。


そのため、場合によっては従業員から労働時間が正しくないという指摘を受ける可能性があります。

日本経済新聞の情報を掲載しています。

そのような場合に客観的な労働時間の証明の手段としてタイムカードを保管しておく事によって、経営者とのトラブルを避ける事ができるようになるのです。



また、社員が遅刻や欠勤などをしていないかを経営者が適切に把握し、会社内の職場環境を良くするための取り組みを行っている会社にとってはタイムカードを導入する事のメリットは大きいと言えます。



勤務時間を長期間にわたって保管しておく事で、正しい給与計算が可能になるのです。